料金プラン

HACCPナビ 料金プラン

HACCPナビでは、商品サイクルやHACCPプラン作成単位、HACCPナビの利用体制等に
応じた料金プランを用意しています。プラン毎にユーザー数(ID数)などの利用条件が異なります。

①ユーザー区分

HACCPナビでは、文書の作成・閲覧、記録の入力・承認等の操作を行う権限を
利用者毎に詳細に付与できるよう、5種類のユーザー権限を設けています。

ユーザー区分

◎:初期設定  ○:ユーザー①による権限の設定が必要

*1,2,3 HACCPナビでは、帳票を以下の体系に基づいて管理します。
・帳票:最も小さな管理単位で、一般帳票、記録帳票の2種類がある。
・文書:クラウドへの保存や出力を行う際の管理単位で、FSM文書、HACCP文書、GMP文書、その他文書の4種類がある。
・文書セット:社外への公開を行う際の管理単位で、4種類の文書を必要に応じて選択して作成する。

②料金プラン

HACCPナビの料金プランは、ユーザのID数や、システム(クラウド)上で作成・編集できる
文書数※に応じて、A〜D料金プランを選択できます。

料金プラン

【注2】HACCPナビで作成した各種文書・記録は、PC上にダウンロードし保存できます。
また、保存した文書・記録は、HACCPナビにアップロードすることで、編集等が可能です。

【注3】ユーザ区分別の主な権限
➀:各種文書の作成・編集・保存、ユーザ②~⑤の文書への権限付与、②:権限が付与されたモニタリング項目等の記録(入力)
③:権限が付与されたモニタリング項目等の承認、④:許諾された文書の閲覧、⑤:許諾された文書の編集・閲覧

③料金プランの変更

利用申込された料金プラン(A〜D契約)から、他のプランに変更することができます。
変更を希望される場合には、事務局にご連絡ください。