セミナー

2020.05.13

HACCPセミナー 【HACCP対応のための危害要因分析解説】
(2020年6月23日開催済み)

山口大学教授 豊福肇先生による HACCP危害要因分析の解説


6月23日(火)15:00~ WEBセミナー/定員200名/参加無料

概要


いよいよ今月、2020年6月からHACCP制度化が始まります。
来年2021年6月の完全施行化に向け、一段とHACCPへの取組みを進めることが求められています。
三菱総合研究所では、食品関連事業者様のHACCP取組みをご支援するべく、さまざまな切り口からHACCPセミナーを開催してまいります。

今回は、山口大学 共同獣医学部 教授 豊福肇先生をゲスト講師にお迎えし、HACCPの危害要因分析についてWEBセミナーを開催いたします。
HACCPプランの構築では、工程ごとの危害要因の分析と、その対処となるCCP(重要管理点)・CL(管理基準)設定は食品安全管理のかなめとなる部分です。
しかしながら、そこには科学的根拠に基づく分析が必要とされ、悩まれる事業者様も多いのではないでしょうか。
今回のセミナーでは、食品衛生分野の第一人者である豊福先生から、HACCPの危害要因分析について、また、CCP・CL設定の注意点などを解説いただきます。 当日はリアルタイムのチャットで、豊福先生に直接ご質問いただくこともできます。
危害要因分析に迷われる事業者様や、さらに学ばれたい事業者様も、ぜひご参加をお待ちしております。

開催概要


【開催日】 2020年6月23日(火) 15:00 ~ 16:30
【会 場】 本セミナーはWEBセミナーを予定しております
【定 員】 200名 ※定員になり次第受付終了
【対象者】 食品関連事業者様
【参加費】 無料
【主 催】 株式会社三菱総合研究所

プログラム


講演1 HACCP対応のための危害要因分析、CCP・CL設定の注意点とは

国立大学法人山口大学 共同獣医学部 教授 豊福肇 氏

講演2 HACCPナビのご紹介

株式会社三菱総合研究所 主席研究員 氷川珠恵

講師紹介

豊福肇 氏
[国立大学法人山口大学 共同獣医学部 教授]
昭和60年4月厚生省(現厚生労働省)入省。
平成25年4月より現職。
WHO食品安全部やコーデックス委員会作業部会座長を務めるなど、食品衛生の分野における日本の第一人者として国際的に活躍。

氷川珠恵
[株式会社三菱総合研究所 西日本営業本部 主席研究員]
食品企業、外食・小売企業を対象としたコンサルティング、同分野の政策立案業務に従事。
農林水産省の国際標準化推進事業を通じてJFSMの立ち上げにかかわるなど、食品業界全体の変革の動きに広く携わる。食品関連企業の人脈豊富。
現在、GFSI日本ローカルグループ行政連携WGサブリーダー。

ご参加方法


株式会社Jストリームの「Equipmedia」を利用して配信いたします。
セミナー開催の2日ほど前にURLを配信しますので、開催時間になりましたらWebブラウザでアクセスしてご視聴ください。
インターネットに接続されたパソコンやスマートフォンなどがあれば任意の場所でご参加いただけます。

<視聴環境>

【OS】Windows 10 / 8.1、Mac OS 10.14 / 10.13 / ※同10.12も可

【ブラウザ】Internet Explorer 11、Microsoft Edge /Chrome /Firefox /Safari は各最新バージョン

【視聴確認】ご自身の環境で視聴可能かどうかの確認には下記URLにアクセスください。

https://www.stream.co.jp/check/office/ (※ 株式会社Jストリーム「動画視聴の確認」)


株式会社三菱総合研究所
HACCPナビ事務局
担当 : 澁谷、濱田
電話 : 03-6858-3654
E-mail : info-haccpnavi@mri.co.jp
〒100-8141 東京都千代田区永田町2-10-3